アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「映画」のブログ記事

みんなの「映画」ブログ


買えました

2009/06/29 00:45
とりあえず仕事終わりに新宿へ行って無事ゲット。
映画館の上映終了入れ替え時には販売しないので
購入予定者は注意が必要ですよ。

地下の階段を降りるとき、入り口の
『空の境界前売り券完売』の文字を見て
肩を落として帰って行った女の人が印象的でした。

画像


帰りの電車内で、
わざわざ黒い袋にして表紙を見せないようにして、
しかもWARNINGっていうシールが貼ってあって開かないようにしてあって、
それでも読んでしまった人用に中身に袋とじ完備で強固な仕様になっている
ヱヴァ破のパンフレットを、これみよがしに読んでいる人には、
ちょっとだけ殺意を感じました(#^ω^)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


頭の中の電動消しゴム

2008/11/24 23:06
あと数十分足らずで連休の終了。

この三日間、仕事に出かけた以外に、
なにをしていた記憶というか、思い出が出てこない。

なんだっけ、

すき焼きを3日連続で食した、とか

現代用語の基礎知識のアンケートハガキを書いたり

レンタルで借りてきた、

『アホリックス』を見たぐらいの思い出しかないな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


観に行った

2008/11/09 22:48
まったく興味のなかった『レッドクリフ』の
日本語吹き替え版の豪華な陣容を見て
考え方が変わりました。

そっちの世界の人も巻き込もうという、
ビジネスの匂いも感じてしまいますが、
まぁそれはそれ。

悲しいかな、アニメ野郎の性…。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


見ないから

2008/11/06 00:12
『レッドクリフ』っていう映画のCMをテレビで見たら、
いつの間にか“Part1”とか副題がついてた。

特番とか見ると、
「この作品はPatr1なので…」
とか出演者がひっきりなしに付け加えるんで、
あぁ、そういう作品なんだな。と理解。

この手の手法は

『ゴールデンコンパス』で飽きました!

ちなみに会社の人が気合いを入れて当日見に行ったらしく、
「どうしようかな、(終わり方を)しゃべっちゃおうかな」
とか一人のたまっていた。

別にいってもいいんだよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


内容は聞くないっ

2008/09/10 01:16
やっと、

『トランスモーファー』

を見ました。


久々に、まともに取れた時間を
このように無駄遣いするオレサイコーっ!。゚(゚´Д`゚)゚。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オレ、もしかして好きなんじゃねぇ…

2008/08/10 00:03
本日は『Limit of〜海猿』を視聴、
以前に見たのだけど、アノ超展開がクセになるのはオレだけか…。

前にブログで書いたときは比較できなかったけど、
『日本沈没』をテレビで放映しているのを拝見すると、
『文春きいちご賞』の2位受賞の貫禄を、
まざまざと見せつける圧勝。

もっと頑張れよ『海猿』。

『ゲド戦記』は順位とかじゃなく、

竜王とか棋聖称号で呼んでいいのでは?

ちなみに去年の『文春きいちご賞2007』は、
『恋空』は惜しくも2位、一位は『蒼き狼〜』と決着。

あぁ… そんな映画もあったねぇ…

そして視聴後、番組で重大告知!

『海猿3』

劇場映画だったらチャンス到来?



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


生で見る、録画してみる、そしてDVDで観る

2007/05/27 03:09
昨日放送した『紅の豚』を観る。
額縁じゃないよ、あぁ珍しい…。
ちなみにこの作品、劇場にも足を運びLDも買って見続け、
すでに300回はゆうに観ていたりする。

何度観ても飽きない、色あせない、お気に入りの作品。

ピッコロ社の倉庫から水橋を通って飛び上がるシーンと、
ラストのカーチスとポルコが同時に飛び立つシーン、
この映像と久石音楽の咬み合いは、何度みても鳥肌もの。

ジーナさんとフィオのわたしたちだけの秘密は、
おトキさんのラストの歌詞に集約されていると思うんだけど、
間違ってないよね?

スタジオジブリ作品は、これを含め、
『耳をすませば』や『猫の恩返し』、『魔女の宅急便』
『ナウシカ』辺りが大好きだったんですが、
何気に見た『おもいでぽろぽろ』が琴線に触れて急上昇中。

ちなみに『火垂るの墓』は別格な。

宮崎監督作品少ねーな…。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


木イチゴ=ラズベリー

2007/04/23 00:25
とりあえず休日出勤ではあったけど、時間を割いて『時かけ』2回視聴、
DVDは何度見てもテープが伸びるとかいうことがなくていいよね。
今年だけで、3桁位は見ることになるんじゃないかな。

そういえば、他の追随を寄せ付けることもなく、

ダントツの人気
『文春木いちご賞』を受賞したアノ作品も、

懲りることなくDVDを出すようですね、残念ながら買いませんよ♪

昨日、同賞を6位で飾った『海猿ーリミット〜』を見たのだけど、
この作品は凄かったね、いろんな意味で。

このレベルが6位なら、
あまんじて2位に落ち着いてしまった『日本沈没』が気になるなぁ…。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「映画」ブログ

日々のぼや記 ver.2.0 映画のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる